CPTについて

CAPCOM Pro Tour(CPT)は競技格闘ゲームを代表するプレミアリーグだ。伝説的な『ストリートファイター』シリーズの最新主要タイトルが使用されるCPTには、世界中から競技ゲーミングへの情熱にあふれたプレイヤーと観客が集結する。CPTは18の公式大会、そしてさらに多くの独自運営大会で構成されており、競技ゲーミングの最高峰の戦いが繰り広げられている。

使用タイトル

CAPCOM Pro Tour 2019で使用されるのは『ストリートファイターVアーケードエディション』だ。新旧35体のキャラクターが登場し(さらに一年を通してさらなる追加キャラクターがリリース予定)、Vゲージ、VトリガーII、クリティカルアーツなどのエキサイティングなバトルシステムが用意されている。

CPTの仕組み

一年を通して開催される大会群に世界中からプレイヤーたちが集まり、年末に開催されるCAPCOM CUPへの32の出場枠を巡って争う。プレイヤーは以下のいずれかの方法で出場枠を獲得できる。

  • CAPCOM CUP 2018の勝者は自動的に出場枠を獲得
  • グローバルランキングポイント順位の上位26名
  • 地域決勝大会から4名
  • CAPCOM CUP最終予選から1名

ポイント獲得方法

CAPCOM公認大会に出場したプレイヤーには順位に応じて以下の表に示されたランキングポイントが付与される。

CPT 2018 Points Distribution
CPT 2019 ポイント配分表

スーパープレミア大会

2019年のCAPCOM Pro Tourには「スーパープレミア大会」という新カテゴリーが導入される。これらの大会では上位192名のプレイヤーにランキングポイントが付与される。ここで獲得したポイントは「グローバルランキングポイント順位」に記録される。

プレミア大会

プレミア大会では上位48名のプレイヤーにランキングポイントが付与される。ここで獲得したポイントは「グローバルランキングポイント順位」に記録される。

ランキング大会

ランキング大会では上位8名のプレイヤーにランキングポイントが付与される。ここで獲得したポイントは「グローバルランキングポイント順位」と各プレイヤーが所属することになる「地域ランキングポイント順位」に記録される。

地域決勝イベント

地域決勝イベントでは「地域オープン大会」が開催される。この大会にはどの地域のプレイヤーでも参加可能で、グローバルランキングポイント、賞金、地域ランキングポイント(その地域のプレイヤーのみ)を獲得できる。ただし、「地域決勝大会」に出場する上位8名は、その地域の上位プレイヤーのみに制限される。

「地域決勝大会」は翌日に開催され、地域オープン大会終了後の地域ランキングポイントに応じて、上位8名の参加者および対戦組み合わせが決められる。この上位8名による地域決勝大会の優勝者は自動的にCAPCOM CUPへの出場枠を獲得する。

CPT 2019 Regional Qualification
CPT 2019 地域決勝大会

CAPCOM CUP最終予選(ラストチャンスクオリファイア)

これはCAPCOM CUPの初日に開催される、誰でも参加可能なオープン大会だ。ここではグローバルランキングポイントや地域ランキングポイントは獲得できないが、1位になればCAPCOM CUPへの出場枠を獲得できる。

ライブ配信

すべてのプレミア大会は Capcom Fighters Twitch.tv チャンネル. でライブ配信される。ランキング大会は各大会運営者が選択したチャンネルを通してライブ配信される。配信日時やスケジュールの発表に注目しておこう。

* CAPCOM CUP最終予選で勝利してもグローバルおよび地域ランキングポイントは獲得できません。